トップ

クリニックで勤務

職場としてのクリニック

クリニックのある意義 

クリニックは、法的には診療所というカテゴリーに分類されます。その理由は、入院設備がないか、あっても19床以下の比較的小さな医療機関だからです。小さな医療機関では、お医者さんは経営者を兼ねて一人の方が行っていることが多く、看護師や医療事務といったスタッフの方も数人しかいませんし、その方々の給料も大きな病院に比べると多くはありません。けれども、大きな病院ばかりでは日本の医療は成り立ちません。クリニックのような医療機関は、地域医療になくてはならないものです。患者さんはその地域の方が殆どですから、地域の方々の健康を維持しているといっても過言ではありません。

クリニック勤務の給料について 

クリニック勤務の看護師の年収は看護師の平均年収より低いと言われています。個人経営であり医師の裁量により給料が決められるので、基本給が安かったり、昇給やボーナスがなかったりします。夜勤がない場合は年収350万円前後といわれますが、入院設備のある医院であれば夜勤や当直があるので給与は上がり、500万円ほどになります。クリニックに勤務する医療事務員の給与も高いとはいえません。一般事務に比べると月収にして数万円違うこともあります。メリットとしては総合病院では医療事務員は非正規雇用が多いのに対し、開業医は医療事務員を直接雇用するので安心だという点です。

バラ色